家の構造

基本的にツーバイフォー工法(以下、2×4工法)を推奨しています。

2×4工法は一般に技術が公開されているオープン工法です。

欧米では標準的な木造住宅の工法で、軸組で支える在来工法に対して

面で支える箱型構造なのが2×4工法です。

20101031013915.jpg

 

2×4工法は耐震性に優れています。

近年では在来工法でも剛床や外壁合板を使用し、面構造に近づけている会社も多くみられます。

モノコック構造(壁式構造)が皆に認められる構造であるということですね。

wakugumi_2x4.jpg

 

2×4工法の先駆け的大手メーカーが行った実験では

阪神淡路大震災規模の震度を何十回と繰り返しても耐え抜いています。

オープン工法なので、この大手メーカーと同じ構造になります。

 

冨永家住宅.gif

上の写真は、神戸市東灘区に建つ「冨田家住宅」です。

1920年代に2×4工法で建築された住宅です。

東灘区といえば阪神淡路大震災で、多くの建物が倒壊した地域です。

そんな中でも倒壊することなく、しっかりと今でも残って保存されています。

化粧的なメンテナンスを行いながら、90年以上も美しく建ち続けているのです。

 

2×4工法は耐火性にも優れています。

基準通り建てれば省令準耐火仕様となります。

863-2.jpg

省令準耐火仕様の建物は火災保険料が安くなります。

 

2×4工法は気密性・断熱性にも優れているので、省エネ性も大きいです。

箱型構造なのでそれだけで気密性・断熱性が良いのですが

窓にはLow-E複層ガラスのサッシを採用してますので

冷暖房効率の高い省エネ住宅を実現しています。

performance23.jpg 

 

さらに、断熱材には現場吹付のマシュマロ断熱を採用しています。

水から生まれた環境にやさしい断熱材で、有害物質・ホルムアルデヒドも発生させません。

現場で吹付施工するので細かな部分まで隙間なく断熱します。

 

 

 

 

三重県桑名市のカフェのようなナチュラルでかわいい家CoKaOコカオのオープンハウス情報

三重県桑名市のカフェのようなナチュラルでかわいい家CoKaOコカオ施工例写真 三重県桑名市のカフェのようなナチュラルでかわいい家CoKaOコカオのコンセプト 三重県桑名市のカフェのようなナチュラルでかわいい家CoKaOコカオのイベント情報

三重県桑名市のカフェのようなナチュラルでかわいい家CoKaOコカオの会社概要 三重県桑名市のカフェのようなナチュラルでかわいい家CoKaOコカオのスタッフ紹介 三重県桑名市のカフェのようなナチュラルでかわいい家CoKaOコカオのレンタルルーム